【辛口レポ】30代男のパパ活体験記Part1『vsいきなり大人提案女子編』



今回は、「普段は風俗LOVERの30代男が、初めてパパ活をしてみた結果・感想・体験談・体験レポ」を書いてみます。

裏タイトル→「パパ活体験記vol.1 いきなり大人提案女子」「30代男がパパ活デビューした理由・結果・感想を書く」

というわけで、よかったらご覧ください。

 

パパ活とは?

マッチングアプリなどで女性と交渉をし、食事や肉体関係を持つ活動を指す。

英語で「sugar daddy」とも言う。

パパ活専門のアプリも今や多数あります。

交渉には、色々な専門用語が出てきますので、ある程度勉強しておくと良いかも。

大人=肉体関係。例として「大人5」であれば5万でホテル行ってHということ。(ホテル代別)

 

なぜパパ活をやってみようと思ったのか?

パパ活の存在自体は前から知ってましたが、お金を持ったダンディなオジサマが利用するイメージで敬遠してました。

実際、「落ち着いていて包容力のある年上男性」を求めている女性は多いようです。
とはいえ、ある程度ちゃんとお金や余裕があれば、若い男でも良いんじゃないか?

何よりも、その世界のリアルを知らないままでいるのは、勿体ないんじゃないか?と、ふと思ったわけです。

実際に、風俗や普通のマッチングアプリと比較して、比にならないレベルの美女がいるのは事実です。
自営業(個人事業主)として男性からお金を引っ張るわけですから、見た目磨きは命。

というわけで、ハイレベル美女と関係を持つべく、パパ活を試してみることにしたわけです・・・。

 

人生初パパ活 対戦記 (VS いきなり大人提案女子)

VS 24歳スレンダー美女 (自称)

記念すべきパパ活・初の顔合わせ
使ったアプリは「Paddy67

写メを見る限り、ロリータやお姫様系の感じはある。割と好みの雰囲気でした。

いわゆるいきなり大人提案女子で、向こうからチャットで「大人3」を提示されました。
「顔合わせをしてから、その後決める感じはどうでしょうか?」と提案しOK。

正直、その日はあまり性欲がどうって感じもなかったので、顔合わせ30分くらいして帰るつもりでした。
まずはどんな感じか、会って話を聞いたりしたい。

いきなり安めの大人3提示だったので、ちょっと嫌な感じはしていましたが・・・。

いざ、顔合わせ

待ち合わせは、とある駅のシンボル。
服の特徴を事前に伝えられてあります。

到着し、遠目に見る女性は、明らかに写メと雰囲気や違うが女性でした。
写メにあったロリお姫様系ではなく、質素な素人大学生系。
悪くいうとちょっと芋っぽい感じ。

会って話してみると、お茶や食事はいけないから、この場で判断してほしいとのこと。
めちゃブスとかではないと思うんだけど、雰囲気が違いすぎて、なんか萎えてしまったんですよね。

あとはなんとなく漂う、挙動不審な感じ。ずっとソワソワしていて。
また、マスクも外してないから顔も判断できない。。

ネタで3万払ってホテル行っても全然よかったんだけど…
なんとなく昔騙された、振替風俗店を思い出した。
写メとは、やっぱり別人だと思うなぁ。

なんとなく風俗嬢っぽかったし、裏に指示している男がいそうな匂い・・・。
「お金は別で払うので、カフェとかで軽く話してからはどうか」と提案したところ、それは難しいと。

「その場で決めてもらいたい」ということでしたが、軽く話してみて違和感が色々あったので、
申し訳ないけれど、今回はやめておきます」と伝えて解散。

話のネタで3万払ってホテル行ってもいいんだけど、その気力と体力がついてこなかったですね。

最初だし、まずはいろいろ話を聞きたかった感はあるけども、仕方ないです。

解散してからの話

アプリを見てみると、その子が翌日に退会していました。

なぜかは分かりませんが、闇は深まるばかり。。

 

まとめ

今回は、写メとかなり雰囲気の違う方が現れて、10分程度話して解散になりましたが、
次回は、もう少しパパ活の実態なども調査できるように、食事からで会ってみようと思います。

あとは、街中で大人がどうだ〜とか顔合わせが〜とか交渉してるの、周りに人いると凄い恥ずかしくなるから注意。
カフェとか食事でも、周りに人がいて声が聞こえるようなところだと恥ずかしいと思うので、個室が良いなと思った。

パパ活のアプリ開くだけでちょっと恥ずかしくなるのは、まだまだウブな証拠だな。

 

次回、Vol.2へ続きます。

【辛口レポ】パパ活体験記Part2『vs24歳ゆるふわ女子編』



風俗体験談シェアで、メンバー専用記事閲覧できます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です